賃貸の下見ではカビのにおいに気をつけよう

賃貸アパート内の騒音は、住んでいる人によるものがほとんどですが、建物の構造によってうるささは変わってきます。

検索フォーム
注目記事ピックアップ
賃貸の下見ではカビのにおいに気をつけよう

賃貸アパート内の騒音

賃貸の下見ではカビのにおいに気をつけよう
賃貸アパート内の騒音は、住んでいる人によるものがほとんどですが、建物の構造によってうるささは変わってきます。木造だったり軽量鉄骨造のアパートよりも、鉄筋コンクリート造のマンションの方が遮音性が高いと言うのは当たり前ですが、鉄筋コンクリート造でも直天井と二重天井では、遮音性は変わってきます。もちろん、直天井よりも二重天井の方が遮音性は上です。こちらの方に住みたいと言う人はほとんどだと思いますが、遮音性が高ければ高いほど家賃は高くなります。資金に余裕があるならいいですが、余裕が無ければ優先順位を考えなければいけません。

また、小さい子供がいる家庭は、子供が室内を走り回ることによって出る音が他人に迷惑をかける可能性が高いので、気を使うことも多いです。ですから、一階やエントランス上の部屋に住むようにしましょう。さらに、引越しした時には子供がいるので迷惑をかけますと挨拶をしておくことです。その一言があるのと無いのとでは大きく変わってくるのです。そして、もし近所の人に騒音の苦情を言う時は、管理会社や管理組合を通すのが基本です。本人同士だと揉め事に発展することが多いです。無駄なトラブルは避けましょう。

Copyright (C)2017賃貸の下見ではカビのにおいに気をつけよう.All rights reserved.