賃貸の下見ではカビのにおいに気をつけよう

賃貸物件の原状回復は、日常生活の経過変化などは妥当な範囲ですが原則的には入居時と同じ状態に戻す必要があります。

検索フォーム
注目記事ピックアップ
賃貸の下見ではカビのにおいに気をつけよう

賃貸物件の原状回復を行う決まりについて

賃貸の下見ではカビのにおいに気をつけよう
賃貸物件から退去する時には、原状回復を行う決まりになっていますが、原状回復とは、入居した時の状態に戻すという約束になります。ただし、日常生活を送ると経年変化や自然に起きる劣化が妥当な範囲と考えられる状態ならば特別な修理が必要という事にはなりません。部屋の使い勝手を良くしたいと、襖や扉を外してしまった場合は元に戻す為にきちんとはめておかなければなりませんし、部屋をオシャレな空間にするために、シールなどで壁を装飾した場合には、全て外す事が必須です。例え生活する上で便利になったものや、部屋の質が向上しても、次の入居者が不利益にならなくても、原則的には入居した時と同じ状態にするために、全て取り外さなければなりません。自分で購入したエアコンや照明器具などでも、基本的には取り外して持って行く、または処分が必要になりますが、例外的に残置物としてそのまま置いていける時もあります。

ただし、不動産会社や貸主が買い取ってくれる事はないので、あくまで置いて行くという事になります。故意や過失によるキズや汚れなどは、元に戻すためにクリーニングや修繕が必要になるので、費用を請求されることになります。引越しの掃除をする場合には、入居時の原状回復を意識して行うと良いのではないでしょうか。

お勧め情報

Copyright (C)2018賃貸の下見ではカビのにおいに気をつけよう.All rights reserved.