賃貸の下見ではカビのにおいに気をつけよう

賃貸住宅の入居者は、水道利用契約を行ってから水道を使用できるようになるので、入居後の蛇口確認が重要です。

検索フォーム
注目記事ピックアップ
賃貸の下見ではカビのにおいに気をつけよう

賃貸住宅の水道利用契約後にすべき蛇口の水漏れ確認

賃貸の下見ではカビのにおいに気をつけよう
賃貸住宅の入居者は、入居者本人が水道利用契約を行うことになります。水道利用契約は、不動産の契約とは別のものであり、不動産会社は関与しません。ここで注意したいのは、実際に入居してから出ないと、水道を安全に使用できるかどうかは判断できないのだという点です。下見の段階では、水道の蛇口からは一滴も水が出てきません。もちろん水道の使用量に応じて公共料金として水道代を支払うことになりますが、水道管に亀裂が発生していたり、蛇口から水漏れが発生してしまっていたとすると、水道料金の支払い金額が多くなってしまうことがあります。使いすぎた覚えがないのに、水道料金の請求額が高いと感じたら、水漏れしていないかどうかを精査したほうが良いでしょう。

賃貸住宅の入居者は、物件の消耗品に関しては自己責任で交換作業を行う必要があります。代表的なものは蛍光灯や電球です。水道の蛇口も、部品は入居者の責任になり、消耗したゴムパッキンは入居者自身が新しく購入して交換作業を行うことになります。ゴムパッキンは、ホームセンターやスーパーで容易に入手できますが、蛇口の交換作業にはドライバーが必要であり、蛇口のメーカーによっては、やや特殊なサイズのドライバー等が必要になります。工具は意外と高いものです。入居後、蛇口から水漏れしていることが判明したら、すぐに不動産会社に連絡をしましょう。工具を貸してもらえることが多いですし、入居直後であれば新しいゴムパッキンも不動産会社が購入してくれることが多いからです。

Copyright (C)2017賃貸の下見ではカビのにおいに気をつけよう.All rights reserved.