賃貸の下見ではカビのにおいに気をつけよう

賃貸物件に入居中に水道が凍結してしまったときは、湯をかけたりせず、自然に気温が上昇して溶けるのを待ちます。

検索フォーム
注目記事ピックアップ
賃貸の下見ではカビのにおいに気をつけよう

賃貸物件に入居中に水道が凍結してしまったら

賃貸の下見ではカビのにおいに気をつけよう
賃貸物件に入居していて、使用している水道が凍結してしまったときは、焦らないことが大切です。水道管が凍結してしまうのは、外気温の低下によって、水道管内の水が氷になるからです。昼になり気温上昇と共に、自然に氷は溶けます。水道管が凍結しやすいのは、夜よりも朝が多いのが特徴です。朝起きて、洗面をするときになって凍結してしまったことに気がつくことが多いものです。そんなときに、慌ててしまうと、かえってトラブルを大きくしてしまう恐れがあります。凍結してしまった水道に湯をかけてしまうと、氷を溶かすどころか、水道管そのものを破裂させてしまう可能性があるからです。

賃貸物件に入居していて水道が凍結してしまっても、水道に湯はかけないことが重要です。特に朝の凍結では、出勤や通学に忙しいあまりに、熱湯をかけて溶かそうと考えてしまう可能性もあります。凍っている水道管に熱湯を、いきなりかけてしまうと破裂させてしまうことがあり、大掛かりなリフォーム工事が必要になってしまいます。氷は気温上昇と共に自然に溶けますから、凍ってしまったときは、まずは使用しようとせずに、気温の推移を見守りましょう。大家や不動産会社に連絡が可能であれば、電話をするのも良いでしょう。対応策を助言してもらうことで、安心できることもあるからです。

Copyright (C)2018賃貸の下見ではカビのにおいに気をつけよう.All rights reserved.