賃貸の下見ではカビのにおいに気をつけよう

賃貸アパートの利益は、所得税の計算上不動産所得に分類されます。不動産所得は収入から必要経費を引いて出します。

検索フォーム
注目記事ピックアップ
賃貸の下見ではカビのにおいに気をつけよう

賃貸アパート経営における所得税

賃貸の下見ではカビのにおいに気をつけよう
賃貸アパート経営をするのであれば、所得税の知識については避けて通ることはできません。所得税は基本的には現金で支払う必要がありますので、資金繰りにも大きく影響します。延納という制度はありますが、少なくとも半分は納期限に納める必要がありますのでまずは優先して支払う必要があるお金です。当然、経営をしていく中で予測して資金繰りをする必要があります。

不動産の貸付けに関わる所得は不動産所得に分類されます。不動産の売却や、不動産の仲介手数料はこの中には入りません。建物や土地の貸付けによる所得が不動産所得です。但し、サービスとセットとなった時間貸し駐車場や食事を提供する下宿のような形態になると純粋な不動産の貸付けとはいえないため、事業所得に分類されることになります。

不動産所得は収入から必要経費を計算して求めますが、収入は家賃収入と考えておけばいいでしょう。また、更新料などのように返還しないものも収入に入れます。経費ですが、これは修繕費や管理人の人件費など事業をするためにかかったコストを集計すれば問題ありません。変わったところでは、建物の購入代金の支出は経費にならないという点です。そのかわり、一定の方法で計算した減価償却費を必要経費として計上することができます。

Copyright (C)2017賃貸の下見ではカビのにおいに気をつけよう.All rights reserved.