賃貸の下見ではカビのにおいに気をつけよう

賃貸アパート経営を行う場合には、ある程度長期的な資金繰りを行い、借入返済や修繕対応をしていく必要があります。

検索フォーム
注目記事ピックアップ
賃貸の下見ではカビのにおいに気をつけよう

賃貸アパート経営における資金繰り

賃貸の下見ではカビのにおいに気をつけよう
賃貸アパート経営をする場合には、赤字黒字も大事ですが、なんといっても資金繰りが大事です。但し、最初にアパートを建設したりする場合には借入金が必要になることがほとんどだと思います。むしろ積極的に借入金を活用することによってレベレッジを効かせることが不動産賃貸事業の基本ともいえます。

実際に賃貸を開始した後は、家賃収入で借入金の返済をしていくことがまずは大事になります。当然それ以外にもコストがかかりますのでその段階で資金がなくなってしまうようでは問題です。DSCRという指標がありますが、この指標を使ってその返済余裕率を見ていくといいでしょう。

コストについてはランニングコストはしっかりカバー出来ないと問題です。ざっくりいってここで資金が余っていなければ赤字になっているといえるでしょう。この段階では毎年かかってくる所得税などの利益にかかる税金の考慮も必要です。さらには、定期的な修繕費や、10年単位で言えば大がかりな修繕が必要になってくることがあります。また賃貸物件は競争が激しいためリフォームや設備更新の資金もしっかり確保する必要があります。そのため、ある程度長期的な資金繰りをすることが、賃貸アパート経営をする場合の大きなポイントになります。

Copyright (C)2018賃貸の下見ではカビのにおいに気をつけよう.All rights reserved.