賃貸の下見ではカビのにおいに気をつけよう

ライフスタイルや所得により、住まいは賃貸分譲と選択肢はあるが、安心して暮らしていけるという事が大前提です。

検索フォーム
注目記事ピックアップ
賃貸の下見ではカビのにおいに気をつけよう

分譲、賃貸、社宅と、住まいもライフスタイルも様々です。

賃貸の下見ではカビのにおいに気をつけよう
住まいは、分譲、賃貸、社宅などの種類があります。様式は、戸建てやマンション、アパートやメゾネットなどの長屋形式のものまで様々です。なかには別荘などの所謂セカンドハウスを所有している人もいますし、海外などではトレーラーハウスや船等を住まいにし暮らしている人も少なからずいます。どのような住居にすむのかは、その人のライフスタイルや所得や財産にもよるかと思います。

高所得者だからといって必ずしも分譲住宅に住むとは限りません。また、その逆もあります。所得はそんなに高くなくても、代々受け継いできた家や土地に住んでいる人も大勢います。また、自営などの商売や個人で起業している人等は、職場と住まいが同じ場合も多いと思います。

分譲、賃貸、社宅とそれぞれメリットとデメリットは多かれ少なかれあると思います。分譲は自己財産にもなりますが、固定資産税もあり、ローンの最中に災害に見舞われたりする可能性がないとは限りませんし、泣く泣く手放さなくてはならない事態が起こる事もあるかもしれません。ですが、夢のマイホームなどというくらいですから、一般的には誰もが一度は分譲住宅に住みたいと思うのかもしれません。ただ、生涯独身であったり、子供のいない夫婦などは賃貸住宅であってもさほど問題はないのかもしれません。老後の事を考えてしまうと、多少の不安はよぎりますが、分譲がゆえに起こる問題もあります。どちらにしても、住まいとは現在も将来も安心して暮らせるという事が大前提かもしれません。

お勧め情報

Copyright (C)2017賃貸の下見ではカビのにおいに気をつけよう.All rights reserved.