賃貸の下見ではカビのにおいに気をつけよう

賃貸物件の家賃交渉について、交渉の方法や家賃相場の調査、交渉の時期などを交えながら説明いたします。

検索フォーム
注目記事ピックアップ
賃貸の下見ではカビのにおいに気をつけよう

賃貸物件の家賃交渉について

賃貸の下見ではカビのにおいに気をつけよう
賃貸物件の家賃交渉について、交渉の方法や家賃相場の調査などを交えながら説明いたします。賃貸住宅の家賃交渉は物件を借りる際と物件の賃貸借契約を更新する際に行うことができます。物件を借りる際に家賃を交渉する方法としては、同じ物件の家賃を不動産情報サイトで検索するか、同じ物件に住んでいる人から情報を得るなどして、下げられる家賃まで交渉する方法が有効です。また、物件のデメリットな部分を有効に利用して交渉することも一つの方法であり、大家さんが後ろめたいと思う項目をネタに家賃を下げることも可能です。ただしこれには大家さんが交渉に強気の場合は逆効果になる場合がありますので、相手の姿勢をよく把握しておくことが重要です。

次に賃貸借契約の更新時に家賃交渉を実施する方法としては、住んでいる際に他の住人と家賃相場などを確認しておき、自分が支払っている家賃よりも安い金額で入居している住人が居ればその状況を交渉材料にすることが有効となります。また普段から自分が住んでいる物件の賃貸情報を調べておき、どのくらいの家賃で募集されているかを把握しておくことも重要となります。また更新時にまだしばらく住み続けるという意思を伝えることも、大家さんの収入を維持するメリットに対してアピールできるため交渉の手段としては有効となります。

Copyright (C)2017賃貸の下見ではカビのにおいに気をつけよう.All rights reserved.