賃貸の下見ではカビのにおいに気をつけよう

カビが発生しやすい賃貸の部屋を見分けるには下見でなければ分かりません。カビの発生しやすい場所を確認しましょう。

検索フォーム
注目記事ピックアップ
賃貸の下見ではカビのにおいに気をつけよう

賃貸の下見ではカビのにおいに気をつけよう

賃貸の下見ではカビのにおいに気をつけよう
賃貸の部屋というのはいつまでも快適に住めることが何より大切なことです。快適でないからといってすぐ引っ越しはできません。ですから契約する前に下見をしっかり行う必要があります。ちゃんと下見をするためには先にチェックシートを用意して、どこを点検するかを整理しておくといいでしょう。そうすれば見落としすることもなくなります。下見で見落とすことが多いのがカビです。部屋の中にカビが生えているということはその部屋が風通しが悪く湿気がこもりやすいということを示しています。カビは健康にも良くないので、こういうカビが発生しやすい部屋は避けたほうがいいのです。

部屋に入ったらまずにおいに気をつけましょう。カビが発生しているとカビ臭くなります。もしカビ臭く感じたらその部屋はカビが発生している証拠です。もしカビのにおいがしなかったとしてもそれで安心はできません。安心するのはカビが発生しやすいところを点検してからでも遅くはありません。カビが発生しやすいのは水回りです。台所やお風呂、トイレが代表的な場所です。また常に閉めきっているような場所のクローゼットや押入れの中も要注意です。このような場所はカビのにおいやカビの跡がないか入念にチェックしましょう。

Copyright (C)2017賃貸の下見ではカビのにおいに気をつけよう.All rights reserved.